Small Art School

チームメンバー

小さな美術スクールをサポートするチームをご紹介します。

ヒーア・チーヴ

通訳・日本語教師・アーティスト

2007年、高校卒業後に小さな美術スクールの通訳として笠原の右腕として働くようになる。 通訳としての仕事を通じて、絵には間違いがない。自由に表現できることを笠原から学び、チャリティーコンテストポスターをきっかけに自身も絵を描き始める。 ヒーアは絵画作品を通じて、「世界の平和と家族の絆、温もり」を表現したいと考えている。 彼が描く温かい作品は、見た人を魅了している。  

 

受賞歴:2006年日本語スピーチコンテスト優勝 

 

クンティア・リム

美術教師・アーティスト

土木業を営む父を持ち、家業を手伝っている。 高校時代は、バスケットが得意で、学級委員になったりと、クラスメートからの信頼も厚かった。 学生時代から、美術の腕を磨きたいと思い、美術学校を探していた。 小さな美術スクールの存在を友人から聞き、彼女たちと授業に参加するようになる。 カンボジアの文化や宗教、カンボジアの風景などの作品を好んで制作している。 周りを明るくするムードメーカー的存在。

 

 

受賞歴:giz(ドイツNGO)主催のアートコンテスト入賞

ソペアック・ドーン

美術教師・アーティスト

小売店・洗濯屋を営む家業を手伝うため、しばらくは学校に行けなかったが、妹弟が大きくなって来たので、地元の高校に戻り、無事卒業。女性らしい柔らかい色で、カンボジアの花や動物を描くのが得意。デッサン力、デザイン力も高く、日本のデザインコンテストでも入賞した経験がある。 

 

受賞歴:ドリーム・ガールズ・プロジェクト グッド・チャレンジ賞受賞/giz デザインコンテスト応募、アンコール国際映画祭ポスターデザイン提供(2014年)

ハイ・チューン

美術教師・アーティスト

学歴:ビルド・フーチャー大学建築学科在学中

 

母子家庭の末っ子として育つ。 子どもの頃から身体が弱かったが、小さい頃から絵を描くのは好きだった。 高校の頃から、中国画などを模写して、独学で美術を学ぶようになる。 同級生に絵の才能を認められ、高校3年のときに、同級生の紹介で小さな美術スクールの存在を知る。 現在は、音楽(カンボジアハーブとバイオリン)、カンボジア武道の練習にも励んでいる。

作品はこちらから

 

受賞歴:切り絵国際コンテスト入選

アーリーインターナショナル

カンボジア・アートクラフトコンテスト入賞 他

サヴァンモニー・ソー

美術教師・ウェブデザイナー

シェムリアップ生まれ。 2012年より小さな美術スクー ルで美術を習い始めた。 現在は、日曜日の午前と午後の美術授業を美術教師として生徒の指導に励んでおり、生徒からは優しいお兄さんとして慕われている。 大学ではコンピュータプログラミングを学んでいる。 将来はコンピュータとデザインの仕事をしたいと思っている。  動物や花などの写実的な絵が得意。

バンデット・エム

美術教師・アーティスト

シェムリアップ生まれ。母親とは幼いときに 死別し、父親とは離れて暮らさなければならなくなったため、叔母の家族に引き取られて一緒に生活していた。 2012年より小さな美術スクー ルで美術を習い始めた。 2018年大学の工学部を優秀な成績で卒業した。鳥や花などの写実的な絵が得意。 趣味は、宇宙、読書 とバスケットボール。 レオナルド・ダ・ビンチ を尊敬している。

作品応募歴: カンボジア国内アートコンテスト入選

坂田 優子

アートコーディネーター

千葉県出身。米国フィラデルフィアのテンプル大学でアジア学の学士号を取得しています。 卒業後、彼女は東南アジアとアフリカの難民と移民・難民を支援するNPO組織で勤務しました。    2009年11月、シェムリアップに移ることを決め、美術教師の笠原知子と出会いました。 その後アートコーディネーターとして、スクールとアートギャラリーの出版物制作、マーケティング、販売を担当しています。
Translate »