Small Art School

小さな美術スクールについて

小さな美術スクールは



カンボジアの子ども達へ、「一度きりの子ども時代を心豊かに過ごして欲しい」という

元都立高校美術教師の創立者笠原知子の願いから生まれました。


20年以上かけて資金準備をし、全額自己資金による、完全無料の

美術スクールを2008年に開校し、活動を始めました。


カンボジアの暗黒時代と呼ばれたポル・ポト政権によって破壊された

文化環境を復興させるため、条件悪く生きる子ども達に

学ぶ機会と場所を提供し、食べて生きてゆける能力を

育むことを目的としています。


私たちは、子ども達が自身の自由な発想を大切にし、「表現する喜び」と

豊かな表現世界」を広げられるよう努めております。 

 


現在、スクールでの美術と日本語の授業の他に、

近郊の公立学校、コミュニティーセンター、養護施設、聾学校等

の出張美術授業を実施しております。(画材、教材等完全無料)


(委託出張美術授業に関しては、交通費等の実質経費を頂いて実施)  

小さな美術スクール
活動紹介ビデオ


なぜカンボジア ?

カンボジアは過去の内戦を乗り越え…

人口の若さ

50%

人口の半分が25歳未満(3)

内戦

90%

クメール・ルージュ内戦時代、教師、芸術家などの知識人が殺害された(1)

貧困

30%

以上の人口が貧困ライン 以下の生活をしている(2)

復興に向けて、大きく変わろうとしている

児童労働

多くの子ども達

が家族を支えるために働かなければならない

高等教育の不足

4%のみ

高校卒業(4)

幼児の栄養不足

33%

発育不良と栄養失調(5)

参考資料:1The guardian, 2012 / 2WorldBank, 2016 / 3Indexmundi, 2016 / 4justlanded-CambodiaGuide, 2017 / 5Cambodia-SaveThechildren, 2016

マネージメントチーム

1974年、26歳で芸術学科彫塑専攻を卒業した。卒業後2年間、就職をせずにアルバイトをしながら作品を創る日々であった。28歳になり、高校の美術教員となった。自分の専門性を考えると他に思いつかなかったのも理由の一つであったが、専門を活かせ、経済的にも自立できると考えたからだ。学校では美術全般を教え、数年間は教師の仕事を覚えるのに無我夢中の日々であった。
笠原 知子
Founder & Art Japanese teacher
2007年、高校卒業後に小さな美術スクールの通訳として笠原の右腕として働くようになる。 通訳としての仕事を通じて、絵には間違いがない。自由に表現できることを笠原から学び、チャリティーコンテストポスターをきっかけに自身も絵を描き始める。 ヒーアは絵画作品を通じて、「世界の平和と家族の絆、温もり」を表現したいと考えている。 彼が描く温かい作品は、見た人を魅了している。
ヒーア・チーヴ
Co-Founder, Artist, Interpreter & Japanese Teacher

千葉県出身。米国のフィラデルフィアのテンプル大学で学士号を取得する。卒業後、東南アジアとアフリカの難民・移民を支援するNPO組織で勤務。その仕事を通して、東南アジアの問題、特にカンボジアの教育に関するに興味を持ち、2009年11月にシェムリアップに移住することを決意。在住の日本人を通じて、美術教師の笠原と出会う。その後、小さな美術スクールのアートコーディネーターとして、スクールとギャラリーの仕事、主に広報、制作等を行う。


坂田 優子
Art Coordinator

The Team

美術講師

アーティストチーム

スクール活動歴

·  6月スクール主宰が単独でカンボジアに渡り、無料の美術スクールの設立及び建築開始。

·  11月スナーダイクマエ孤児院25名への出張授業開始。(20109月終了)絵画作品はこちら

·  10月美術スクール建築終了。カンボジア人日本語通訳及びスクール警備員雇用。

·  12月より近隣の子ども対象(約40名)の美術(週2回)と日本語(週4回)開始。

·  6月、JSTの支援するアンコールクラウ村への出張授業開始(継続)。50名~70名の生徒に年間40回の授業を実施。

月一回はスクール通学。

·  12月日本人アートコーディネーター(無給)活動参加。

·  1月からニュー・チャイルド・ケア・センターと協働し、14名の子ども達への出張授業開始(年間40回実施)。

2014年度よりスクール通学に変更(年間22回実施) 。

·  5月からセルフ・ヘルプ・コミュニティー・センターと協働し、3040名の子ども達対象の出張授業を年40回実施。

2013年よりスクール通学に変更、年37回。

·  12月トノール小学校生約70名に週一回の出張授業を開始。(201310月終了)

·  1月ビクトリアホテル(シェムリアップ市)で作品展開催。

·  2NGO団体ワールド・アシスタンス・フォー・カンボジア(WAfC)との協働で、ラタナキリ州への出張授業を実施。

Bright Future Kids40名、カラマリコ小中学校80名を対象。同年8月、201212月も実施。

·  10月スペースナナ(横浜市)で作品展開催。

·  1月カンボジア日本人材開発センター(プノンペン)との協働で、同センターにて、作品展、ワークショップを開催。

·  2月アンコールワット国際映画祭(ソフィテルホテル)ポスターデザイン提供及び展示会実施。2013年、2014年も実施。

·  2WAfCとの協働でプレイベン州のRYスクールにて80名対象に出張授業実施。活動写真はこちら。

·  3KSEDO孤児院、約25名の子ども対象の授業開始、継続(年間76回実施)。

·  6月アンジェラ・ハウスとの働で、4名~10名対象の美術授業開始(継続)。

·  812月ドイツのNGO gizと協働し、ハンドクラフトデザインを提供。

・農村の貧しい女性の自立支援のためのアートワークショップを実施。

·  2月オー村幼稚部40名対象に授業開始。年11回授業開始(継続)。

·  2月タットム、トロク小学校約65名対象に授業開始(継続)。

·  5WAfCとの協働で、プレイベン州のFH小学校80名対象に出張授業実施。

·  5月「子どもの森ギャラリー」をシェムリアップにオープンし絵画展示、販売。

·  8月新宿高島屋にてアンコールクラウ村の子ども達の絵画展開催。展示作品はこちら

·  9月ソフィテルホテル(シェムリアップ市)ロビーにて、作品展開催。展示作品はこちら

·  4月ギャラリー「季の風」(東京)にて蓮の作品展開催。展示作品はこちら

·  6月ニュー・リーフ・ブック・カフェ(シェムリアップ市)にて作品展開催。

·  8月ギャラリーNanzuka(東京)にて作品展開催。

·  8月レストランパレット(シェムリアップ市)にて作品展開催

·  10KDDI財団の依頼により、初めて絵筆をにぎる子ども達の美術授業をミャンマーの村の学校で行う。

3月・シェムリアップ市、国際映画祭(ソフィテルホテル)で作品展

5月アメリカのアーリーインターナショナルコンテストで3人が入選

増改築工事を行い、6月子どもの森ギャラリーが小さな美術スクール内にオープン

8月・渋谷のギャラリー南塚にてアンコールクラウ村の子ども達の作品展

9月・シェムリアップ市、ソフィテルホテルにて期間限定の絵画展開始。展示作品はこちら

10月 初の絵画集が完成 シェムリアップのホテルにて本出版記念イベント開催

11月・玉川学園「季の風」ギャラリーにて、蓮の絵・絵画展 展示作品はこちら

11月 カンボジア政府から学校認定を受ける

1月 ボランティア講師による陶芸技法講習会(粘土練りから焼成まで)

JLMMの幼稚園の先生への絵画講習会

KDDIバンティメンチャイ州キレック小学校へ出張授業

4月 外国人在宅ボランティアを募集

6月 図画工作授業(ボランティア講師により3週間実施)

カンボジア伝統芸能スバエクトム(影絵)鑑賞会 約60名の子ども達とその親が参加

カンボジアの子ども向け教育番組テレビ撮影

スタッフ研修(バンティチュマー遺跡で写生会)

7月 アメリカのコンテスト参加、4名の生徒入選

ミャンマー美術学校の先生学校見学

聖心女子学院の学生アンコールクラウ村の授業見学

8月 関西学院高校の学生 アンコールクラウ村の授業見学                        

9月 カンボジアの物語「リアムケー」絵本制作

平和イベントのための折り紙の鳩をアメリカに150羽送付

10月 KDDI財団との協働で子ども達が描いた「リアムケー物語」の絵の鑑賞会及び絵本配布 (子ども向け教育番組のテレビ撮影)

11月通訳のヒーアと日本での報告会参加

・多摩フェスタ参加 

12月事務局及びボランティアの方の協力で展示販売

・日本人アーティストを受け入れ

・村に井戸寄贈

1プノンペンから提携組織Social Compass によるStop Motion Adobe Animate

使用したアニメーションのワークショップを2日間実施。 (1617 日)

2

日本語クラスの子ども達が日本の食文化体験(お好み焼きを調理実習)

台湾人大学生スタディーツアー15 人が学校、ギャラリーを見学。

アメリカのNGO の依頼で、ウッドーメンチェイ州の小学校2校へ出張美術授業を行う。

3

東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻の教員と学生による(土から作る絵の具作り)のワークショップ実施(別紙写真6

シェムリアップ州ベンメリアの水不足に苦しむ村の人々への井戸寄贈

付記:生活困窮家庭の子ども達への定期的な生活・学業支援

ホープ養護施設へ毎月お米300kg支援、必要に応じて調味料等支援。年支援:約2,460$、4 名の生徒の大学授業料支援。年支援:約2,230$。7名の生徒の生活・学業支援。年支援:約3,0804

スクール雨漏り修理工事、スクール外、内壁塗装工事(カンボジア正月のため学校休校)

5

シェムリアップ州のロムドール小学校にて出張美術授業

カンボジア青年作家たちの将来の生活を考え、第2 スクール予定地の土盛り工事

6

• Social Compass によるカンボジアの言葉≪空の足≫のイメージ画制作

7バッタンバン州のロホーン小学校、ルムドーチ小学校にて出張美術授業

「素素」での作品、カードなどの物品販売。

8

オーストラリア人作家による造形ワークショップ実施(別紙写真7

岩倉総合高校生及び先生方のスクール見学

9関西学院高校生のアンコールクラウ村の授業見学

• KDDI チャリティコンサートポスターデザイン提供(ハイ・チューン作品)

世界こども図画コンテスト出品

トンレサップ湖畔の貧困の村プノンクロムの255 家族へ2,590kg のお米支援

日本のデザイナー水谷氏による、Merry Project「子どもの笑顔」写真 撮影協力(27日~30 日)

10

神奈川ビエンナーレ展応募作品送付

11

小さな美術スクールサポートクラブ報告会(11/4 代々木オリンピックセンター)

グラン活動報告会参加 (11/10 ASK ビル )

ホープ養護施設新学期用品(制服、靴、ノート、自転車)寄贈

水不足の村への井戸寄贈予定地決定

ウッドーメンチャイ州アンロンベン近郊の貧困の村30 家族へ300kgのお米支援

(主にカンボジア人からの支援)

12

アメリカのNGO へ衣類等支援物資配布(12 8 日)

ウッドーメンチェイ州小学校(午前と午後2校訪問)にて美術授業(合計231 名)、古着・文具配布(12/25

1月 ボランティア講師による陶芸技法講習会(粘土練りから焼成まで)

JLMMの幼稚園の先生への絵画講習会

KDDIバンティメンチャイ州キレック小学校へ出張授業

4月 外国人在宅ボランティアを募集

6月 図画工作授業(ボランティア講師により3週間実施)

カンボジア伝統芸能スバエクトム(影絵)鑑賞会 約60名の子ども達とその親が参加

カンボジアの子ども向け教育番組テレビ撮影

スタッフ研修(バンティチュマー遺跡で写生会)

7月 アメリカのコンテスト参加、4名の生徒入選

ミャンマー美術学校の先生学校見学

聖心女子学院の学生アンコールクラウ村の授業見学

8月 関西学院高校の学生 アンコールクラウ村の授業見学                        

9月 カンボジアの物語「リアムケー」絵本制作

平和イベントのための折り紙の鳩をアメリカに150羽送付

10月 KDDI財団との協働で子ども達が描いた「リアムケー物語」の絵の鑑賞会及び絵本配布 (子ども向け教育番組のテレビ撮影)

11月通訳のヒーアと日本での報告会参加

・多摩フェスタ参加 

12月事務局及びボランティアの方の協力で展示販売

・日本人アーティストを受け入れ

・村に井戸寄贈

1日本蓮学会の蓮研究者のためのカンボジア蓮田事前調査

2コンポントム州ヴォンミエンルット村小・中・高校の全校生徒に一斉美術授業(合計448 名)(2/2

日本の支援団体ACC 希望と提携し、バッタンボン州の小学校での美術授業・文具配布(合計120 名)(2/25 日・26

同上と提携し、シェムリアップ郊外の幼稚園・小学校での美術授業・文具配布(合120 名)(2/27

同上と提携し、ワットルン小学校での文具配布(合計400 名)(2/28

3

プレアビヒア州の小学校3校にて美術授業・文具配布(合計286 名)(3/4

日本人アーティストによる工作授業(3/235

日本人美術大学生による工作授業(3/10

コンポントム州の小学校2校にて美術授業・文具配布(合計205 名)(3/25

世界図画工作コンテスト(家の光主催)ホープ養護施設の生徒作品入選

1月 聾学校クルオサートメイ、小児病院での美術授業準備

2月 聾学校での授業開始(生徒数42名)

アンコール小児病院での美術ワークショップボランティア準備中

 

Translate »